悩んでる人にとっては、いい商品

友達の家に泊まりに行った際に、アイプチしていたのを思い出します。私も一重ですが、悩んだことはなく、自然に二重になると思っていたので何も対策などはしていませんでした。ですがやはり、悩む人は悩むようで、その友達は二重になるためかなりの労力を使っていたように思います。一重でも十分なんですけどね。一重が好きだという人もいますし。その友達の場合は、夜だけでなく日中もアイプチをしていたので、それはかなり目のやり場に困ることがありました。アイプチは眼を閉じた時はもちろんのこと、眼を開けていたときもアイプチしてるなと分かることが多いので、それを見てしまったときの何とも言えない感情は結局その友達には言えませんでした。必死さというか、そこまでしなくてもという感じがしましたし、二重になりたいがために、今の状態を醜くしてよいものかと感じました。

日中にアイプチをすると、目を閉じたときはもちろんのこと、目を開けているときでさえ、アイプチしているというのがバレバレです。している本人は、二重になるため、今はどうでもいいという感覚でしょうが、見ている側からすれば、一重で何もしてない人に対しての方が好感が持てます。アイプチをしている人の目はとても醜いからです。不格好に張り付いている瞼を見たときの衝撃は大きいです。目のやり場に困ります。アイプチをしている本人はこの事をもっと知るべきではないでしょうか。二重になりたい気持ちは分かるが、他人に与える不快感などを軽減する方が優先すべきことだと思います。その点、二重を夜作るアイプチは、誰にも不快感を与えません。また、寝ている間に出来るという点もポイントが高いと思います。またその中でもナイトアイボーテは、粘着力が強いため、より効果が期待できるのではないでしょうか。